夏のむくみに注意

夏は汗をよくかきますが、その分よく水分を取るのでむくみやすいように感じます。こんなに暑く汗をたくさんかく夏に体がむくむなんて・・・、と思われる方、夕方にアクセサリーを外してみてください。例えば指輪。夏の夕暮れは指輪が抜けにくくなっていたり、もしかしたら抜くことが出来なくなっている可能性もあります。というのも夏は暑いから・・・と沢山水分を取り、でもクーラーのある部屋で快適に過ごしていると体に水分が溜まってしまいむくみやすくなるのです。クーラーを使うのは心地よく良いのですが、熱中症対策のためにも使った方が良いのでしょうが、体が冷えると当然むくみやすくなってしまいます。クーラーは時に汗をかくことを妨げます。それによって体の水分のみが溜まってしまい汗となって出ていってくれなくなるのですね。そうなると困るのが、むくみなのです。むくみを防ぐためにはちょっとしたストレッチなどが有効です。夕方にむくんでいるな、と感じたら軽いストレッチをすることをお勧めします。体が常にむくんだままだとあまり良くないので、夏こそ体を動かすようにしましょう。

 

カロリーの低いスイーツ

毎日暑いですね。こう暑いと本当にバテてしまいますよね、本当に。夏の暑さは毎年の事。でも毎年その暑さになれることなく、体がしんどい思いをするのはなぜなのでしょうね。日本では暑いと冷たい飲み物をたくさん飲みますが、暑い国では暑いときに冷たいものではなく暖かいものを飲むそうです。その方が体が温まり涼しく感じられるそうです。体が気温よりも温まると、外の空気が涼しく感じる…なるほど、と思っても試したことはありません。やはり暑い時は冷たい飲み物を飲む方が好きです。

でも冷たい飲み物、例えばジュースなどはカロリーがとても高いのが困りますよね。アイスクリームにしても高カロリーです。沢山食べれば太ってしまいます。夏に太ってしまうのは困りますよね。だって、夏が終わるともっと太りやすい冬になってしまいますから。夏に太ることは何とか避けたいものです。でも冷たいものが欲しい・・・。そんな私が最近はまっているのはアイスクリームの代わりに低カロリーのゼリーを凍らせて食べる事です。これなら低カロリーで安心して食べられます。最近太り気味だけれど、でもスイーツが食べたい、という方にお勧めですよ!

イライラが辛い時に

生理前イライラ が辛い時にそれを和らげる方法として、ストレスを和らげることが有効とされています。ストレス解消方法とは、人によって違うものです。ある人にはマッサージに行ったりすることが有効でしょうし、また他の人にはカラオケなど日頃のうっ憤を晴らすような方法が良いかもしれません。人によってストレス解消法が違うので、ご自分に合う方法で生理前のイライラ解消をしたいものです。

生理前にイライラとしてしまうのは女性ホルモンの変化によるものです。大体生理の始まる10日ほど前から始まる人が多いようです。生理前はイライラとすること以外にも腹痛、むくみ、強い眠気、頭痛などがあります。これらは防ごうと思ってもなかなか難しいもの。生理前のイライラを和らげるサプリメントもありますが、でも生理前に現れる症状はその月によって違う、という方もいます。そんな方には症状が出てしまったから対応するのも良いでしょう。生理前のイライラはたいていの人にはあるものです。だからその症状に普段の生活が左右されないような対策を立てる事が大人だといえるでしょう。